テーマ:ホタル

ホタル Ⅱ

例年よりも早く5月中旬には蛍が飛び始めました。 光跡が少ないので蛍が止まった指をレンズの前で 回転させてみました。         まさに「過ぎたるは及ばざるが…」の見本です。                    ライブコンポジット撮影                         (F2.8、120…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

 ホタル

熊本市北区で初挑戦の時の写真です。(2013年)                ( クリックすると大きく鮮明になります) 先日は明るい月夜にもかかわらず合志市で挑戦しました。                ( クリックすると大きく鮮明になります)        明るい夜はホタルの飛ぶ交う数が少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルの舞い~熊本市西区

小雨交じりのため、途中からホタルの飛翔は少なくなりましたが、 例年通りです。 ISO800、F4で露光2分間を15枚撮影しました。 編集ソフトで多重合成して、やっと青い川にホタルが舞ってくれました。 画像をクリックすると拡大できます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルの舞始め

熊本市花園や合志市竹迫でホタルが舞っています。 昨年の水害で河床の心配ですが、6月1日(土)は、 菊池市旭志などでもホタル祭りがあります。 5月下旬はまだホタルが少ないので数枚を重ねていますが、 上がらぬ腕前です。 西区花園(上の写真は露光863秒)(下の写真は2枚の多重露出) 合志市(3枚の多重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲンジホタル~旭志・湯舟2

一枚は5分、もう一枚は10分の露出で、今年2回目の湯舟のゲンジホタルです。 前夜のメス獲得に敗れたオスが敗者復活戦で午前1時から3時にも舞うらしく、 雑音や光が少ないこの時間に撮影に行くのがこの道の極意とか言われますが・・・ 林の中のヒメホタルはゲンジホタルより夜遅く光り始めるので、9時30分に12分の露出で 撮影し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルの光跡

今年はこれで五か所目になりました。 ホタル祭りの時期を外してその前に行ってみました。 写真サークルの先生から、「暮れる前の夕暮れ時が一番いい」 の助言通り、夕方7時ぐらいから待機しましたが、ホタルが 飛び始めるのはやはり暗くなって8時ぐらいからです。 できるだけ光跡を多く入れたいため、ISO感度を下げてできるだけ 長くシ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゲンジホタル in 湯舟

旭志は日本一のホタルの里です。 合志川の二鹿来川・渡瀬川にはゲンジホタルが乱舞し始めました。 湯舟のゲンジホタルは小川、ヒメホタルは林にいますが、今年はヒメホタルはまだです。 世界では9000種のホタルがいるけど、川にいる蛍は日本だけとか言います。 林のホタルが主流と聞いてなぜか違和感を覚えました。餌のカワニナは川にいますね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のホタル第二弾

熊本市西区花園の柿原養鱒場には、平成の名水百選のお手水があります。 すぐそばの成道寺川には、ホタルが舞っています。 やはり、あぜ道や道路と田んぼの法面の工事が続いていて、だいぶ少なくなっています。 夜7時30分、M露出、1秒、F5.0、ISO400、WB太陽光 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほたる

蛍も河川改修や気象の変動で少なくなったとはいえ、地域や団体の取り組みで 古き日本の風景はかろうじて残っています。原発事故後の福島界隈には蛍は戻るのでしょうか。 ゲンジホタルは、3日から5日の命、250m~500mを上流にしか向かわないそうですが、 天体ショーの時空の長さに比較するのは、人生80年の人間の傲慢さかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more