テーマ:彼岸花

彼岸花   /  番所

毎年訪れますが今年も綺麗でした。 台風16号が心配されますが、あと一週間前後は見ごろです。 相良観音参道では栗饅頭・栗団子を買い求めました。 今年は不作のためか、遠方からの買出し客も散見されました。 麴智城では赤米を下見しましたが、例年通り10月が稲刈りと予想されます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花   /    そば畑

秋雨前線で霧雨の頃、七ツ森古墳と波野のそば畑に撮影行です。 ハガクレツリフネ草   黄色は珍しいと聞きます ジイソブ(つるニンジン) そば畑   700万本の白い花が曇天の中でも浮かんでいました。   晴れた日に見える根子岳は雲の中です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花 / 豊野町 / 益城町

シルバーウイークは、渋滞を避けての墓参と帰りの道すがらの風景です。 豊野町     (1枚目は拡大できます)  あと1ケか月もして稲刈りも終わると干し柿作りが始まります。    台風にもめげず柿の実もたわわで、彼岸花が彩を添えていました。   益城町     (1枚目は拡大できます)  木山川沿いのスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤/白/黄の彼岸花

田んぼの畦の保護などに植えられている昔懐かしい花ですが、 今年も裏庭に三色の花が咲きました。 (15日撮影分の4枚を最後に追加しました) 歌にも「赤い花なら曼珠沙華、オランダ屋敷に雨が降る・・・」があり、 子どものころから馴染んできた花です。 この「曼珠沙華」は古代インドの梵語(サンスクリット語)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花 / 赤米

赤米(鞠智城)と彼岸花(番所)の撮影行です。 今回の定例会(9名/15名中)は10月の写真展に向けての撮影会です。 赤米 / 青天(3)   : 写真は拡大できます 赤米 / 鼓楼(2) 彼岸花 彼岸花 / 石垣 彼岸花 / 川辺 彼岸花 / 栗林の中で 彼岸花 / 青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一足早く彼岸花

今年初めて出会った散歩道での彼岸花です。 台風でジンジャはすべて倒れてしまいましたが、 秋雨前線下の雨の中でも花はしとやかに濡れて ふくいくとした香りを漂わせています。 オレンジ色のキバナコスモスの群落の中で、 黄色のコスモスが例年数株だけ開花します。 珍しい丸いケイトウは隣家の鉢植えです。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の花々たち

小さい庭に時季遅れの花が咲いています。 彼岸花   忌み嫌われる花ではなく、秋空の下で必死に生きる思いを告げる情念の花です。    石川さゆりが歌う「天城超え」の情念につながります。     (写真:拡大可)    シモツケ メランポジーム 四季咲きベゴニア   越年して三年目です。 ジン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

澄む秋の気配

お彼岸に間に合わずちょっと遅れ気味の墓参ですが、 豊野町は彼岸花が咲き乱れ柿は実もたわわです。 (一枚目は拡大可) 帰りに木山川(益城町寺中)に回りました。 堤防の上を走る町道両側の赤い彼岸花は敷き詰められて延々と続く じゅたんみたいです。 ここは小学生の通学路になっていて、個人の方が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

番所の彼岸花

日本棚田百選の一つです。         (一枚目は拡大できます)   時季が最適なのか、今年は多雨で林立なのか、 ここ数年で広さも、数もだいぶ増えた感じで圧巻です。 ここも有名になりすぎて数年は人知れない山里の県外の彼岸花を追い求めてきたのですが、 近くにこれほどの花があることを再認識しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県北の八方ケ岳

九州百名山の一つで県北の山は緑の樹林の中の歩きです。 途中までは水量あふれる沢沿いです。 (水墨画の多良岳・経ケ岳  ~ 一番奥) : 拡大可      コースタイムは、     矢谷橋0920~1020 鞍部 ~1120頂上1200~1330 矢谷橋     で登り2h下り1h30mの計3h30mで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹田の彼岸花

七ツ森古墳群にある赤一色の花が今年も満開です。    (1枚目、2枚目は拡大できます) 旧緒方町の国道57沿いにあります。       パノラマ写真:拡大可      そぼ降る小雨の幻想的な風情の中です。 風に揺れるのでフォーカスはAIサーボ(キャノン6D)にしますが、 マクロ撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

赤だけの彼岸花が今年も満開です。 竹田市(旧緒方町)の七ツ森古墳は現在でも五つの墳墓があります。 その丘墓は立ち入り禁止ですが、 その間を縫うように赤いじゅうたんが敷かれたかのようです。 パノラマは写真をクリックすると拡大できます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋の立田山

彼岸花もやっと赤と白を一本ずつ見つけました。しばらくしたら満開になるのでしょう。 異常気象のせいか、さくら池にはスイレン(赤・白)やコウホネが咲いています。 天草市ではアジサイが、自宅にはホテイアオイやサツマフジ,ヤマブキまでが咲いています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点撮影 ~  秋の二題

10月初旬の、自宅近くのブナ林と近郊の立田山の池を撮影しました。 立田山の池は現在ミゾソバが繁茂しています。 ブナ科の樹木が多くシイ・カシ・くぬぎ・コナラが豊富です。 散策路には栗が落ちています。 2012年1月8日公開のブログ2件にも、写真を追加しました。 白い彼岸花は赤い彼岸花より早く咲くそうですが、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花 ~ 熊本・益城町

西原から益城に抜ける県道は、木山川沿いに地元の人たちが丹念に世話をされています。 まさに赤いじゅうたんが敷き詰められていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花  ~ 熊本・西原村

白糸の滝に行く途中、ほんとに偶然出会いました。 初めての出会いなので、早朝の農作業に来ていた老夫婦に聞いてみると、 もう何十年も前からあるとのことです。 年に何度かは通る道なのですが、やはり地元の人しか知らないポイントはありますね。 マスコミには載らずに地元の人が大事にしている場所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花  in 藤岡園

昔の蘇陽峡にある、栗林の中の彼岸花です。 夏三か月ほど、千葉から夫婦で帰省して栗林と彼岸花を養生されています。 昨年までは林の中に入れたのですが、今年は養生のため立ち入り禁止になっています。 そのため、ここ数年で一番の艶やかさの花に包まれています。 朝日新聞、西日本新聞、熊本日日新聞にも過去掲載されましたが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花 in 旭志

7月の豪雨の影響がまだ合志川の土手などには残っていますが、 彼岸花は今年も満開で、ホタルと彼岸花の里です。 後方は、鞍岳です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花 in 七ツ森古墳

竹田市(旧緒方町)の七ツ森古墳の彼岸花は全部赤ですが、 日向だけでなく木陰も赤い絨毯に敷き詰められた風情があります。 竹林をバックにする赤い花は和の世界でしたが、露出も切り取りも難しく、 来年も再挑戦です。 写真の四枚目は、少し拡大できます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more