テーマ:熊本

しだれ桜 満開

曇天が続きますが、熊本での満開は例年より遅めでも 今年も会えました。 キャノンEOS50Dにタムロンズーム(100~300mm)を装着して しだれ桜を撮影してみました。 写真はいずれも拡大できます。 日頃は数人にしか会えない立田山は、この時期は駐車スペースにも事欠きます。 4日夜は一時間ほどの月食の撮影で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しだれさくら咲く

開花宣言から10日、熊本では珍しい枝垂れ桜が立田山で 満開です。 サクラ池は見頃ですが、トンボ池は此岸は満開、彼岸は今からです。 これから5~6日は雨模様ですが、早朝は霧に浮かぶ幻想的な風景になります。 写真はすべてが拡大できます。 機材は、ソニーRX100(コンパクトデジカメ)でデジタルズーム10倍です。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春遠からじ

春を探しにJAうえき市(1/24~)に行ってみました。(1/28) 少し早い白梅、ロウバイ、山茶花、肥後椿などの花木もあり、 ビニールハウスの中は色とりどりの花達が咲き競っています。 クリスマスローズ、フクジュソウ、サクラソウも一足早く咲き、 小ぶりの山野草も充実しており、いずれも山野で見かける原種とは 異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

’15 冬の夕景色  

11月~1月の阿蘇くまもと空港には夕景の撮影で多くの人が訪れます。 オリンピック精神で私も3年連続で毎年数回参加します。 (ジェットスター) 三機(ジェットスター・ソラシド・ANA)が列をなして続けさまに滑走路の東に入り、 一分おきくらいに同じ場所から飛び立っていきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇くまもと空港の夕景

視程数キロのため遠くの山並み(阿蘇・鞍岳・八方ケ岳)はかすんでいますが、 空港の夕景は赤く黄色く染まりました。(1/20)     (写真はクリックすると等倍に拡大できます) 日入りの方位・時刻を下調べして三脚を設置しても、 つるべ落としの落陽の前では離陸の数十秒の遅れは致命的です。 日帰り撮影で夜8時の飛行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽の阿蘇くまもと空港

昨年は7回挑戦で飛行機が夕日に少しでもかすったのは数回でしたが、 今年は前後の日々が曇りがちの中で1月中旬では今日(12日)のみが 好天のためお出かけです。 (一枚目は拡大可) 昨年は下旬が最適だったので、三脚を置く場所は中旬は難しいのかもしれません。 県内外から100台以上の車が集結し、遠来は尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿つるし

3年目の晩秋の恒例作業になりました。 豊野町では稲刈りのあとの田んぼに張ったビニールハウスに 機械で剥いた渋柿が鈴なりに吊るされます。 11月になると本格的に作業が始まるようです。 我が家では親戚から10月下旬に貰った30個ほどを吊るしてみました。 吊るすには時季的には少し早いのですが、 10日~2週間もすれば素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やつしろ全国花火競技大会 Ⅱ

競技大会は毎年全国で3か所で行われ、その一つの八代では27回目になりました。 (一枚目は拡大されます) 九州内外から30万人も見学に訪れ、中国からの客も豪華客船で八代港に 上陸です。 全国の30業者が10号玉・7号玉・5号玉・スターマインを打ち上げて その技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やつしろ全国花火競技大会 Ⅰ

寒い秋の夜に2時間強の鑑賞です。     (1~2枚目:拡大可) 4回目の撮影に挑戦するも毎回反省するばかりで、 来年の楽しみがまた増えました。 福岡・行橋からの夫婦は5年連続とかで、三脚に二つのカメラを据えて 二人がかりで広角撮影です。 キャノンのフラッグシップ機携行なのでレリースが速やかです…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

風に揺れてコスモス

塚原古墳公園には、郷愁を誘う古きよきコスモスが咲いていました。 台風一過の青空の下とはいえ、風に揺れる花々です。 すぐ隣には、熊本県民天文台もあり、 金土日曜の天気のいい日の夜には開館されます。 国・自治体の補助もなく天文好きの人たちで運営されており、 講師を頼めば出前講座もあります。 連続撮影(4.5コマ/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

月食の撮影に挑戦です

あっという間に3時間(18:40~21:40の参加)が過ぎました。 皆既月食は1時間でしたが、暗闇の中でいつも以上に悪戦苦闘です。 天文ショーに立ち会ったのは二十数年前のハレーすい星以来で、 その時は教材の反射天文鏡で逆さの画像だけしか見えなかったことを思い出します。 星の撮影はカメラの焦点距離の1/100しか映らないら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

台風接近も・・・

シニア4人組は日頃は女子組に負けるけど、今日はチャレンジです。 当初「くじゅう」の紅葉下見の予定を俵山に変更し、当日は更に「黒岩峠~清栄山」に 変更です。 黒岩峠に着くと東風・南風の強風にあおられて断念し、晴れた日にはパノラマの祖母山の山なみや 阿蘇五岳の根子岳の雄姿も諦めて更々に一転「秋模様」の下見と撮影になりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史を訪ねて Ⅱ

水道水は全部を地下水で賄っているのは50万人以上の都市では熊本市だけで、 「日本一の地下水都市」と言われています。 他県から来た人々が「水がおいしい」と言い、水道の水をコップで飲む風景が 不思議がられることもあります。 同行していただいた土地改良組合の方(講座生でもあり)が、大学に依頼されてフルオートの マイコンを設置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史を訪ねる旅 Ⅰ

菊陽町の主催講座に参加しました。 町が白川中流域にあるため、治水関連の歴史的農業土木施設や文化財が多くあります。 ニンジンや空港そして鉄砲小路でも有名ですが、財政力指数は県下でもトップクラスで 平成の大合併もなかった人口4万人弱の発展中の町です。 西部は県下有数の団地の武蔵ケ丘・光の森がある新興住宅地ですが、 東部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の花々たち

小さい庭に時季遅れの花が咲いています。 彼岸花   忌み嫌われる花ではなく、秋空の下で必死に生きる思いを告げる情念の花です。    石川さゆりが歌う「天城超え」の情念につながります。     (写真:拡大可)    シモツケ メランポジーム 四季咲きベゴニア   越年して三年目です。 ジン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

澄む秋の気配

お彼岸に間に合わずちょっと遅れ気味の墓参ですが、 豊野町は彼岸花が咲き乱れ柿は実もたわわです。 (一枚目は拡大可) 帰りに木山川(益城町寺中)に回りました。 堤防の上を走る町道両側の赤い彼岸花は敷き詰められて延々と続く じゅたんみたいです。 ここは小学生の通学路になっていて、個人の方が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

番所の彼岸花

日本棚田百選の一つです。         (一枚目は拡大できます)   時季が最適なのか、今年は多雨で林立なのか、 ここ数年で広さも、数もだいぶ増えた感じで圧巻です。 ここも有名になりすぎて数年は人知れない山里の県外の彼岸花を追い求めてきたのですが、 近くにこれほどの花があることを再認識しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県北の八方ケ岳

九州百名山の一つで県北の山は緑の樹林の中の歩きです。 途中までは水量あふれる沢沿いです。 (水墨画の多良岳・経ケ岳  ~ 一番奥) : 拡大可      コースタイムは、     矢谷橋0920~1020 鞍部 ~1120頂上1200~1330 矢谷橋     で登り2h下り1h30mの計3h30mで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ちわびた夏空

北回りバイパスが熊本市近郊で工事中です。 東バイパス・西バイパスと連結すれば郊外を一周でき、中心街の交通渋滞を 避けることができるという構想です。 車の免許取得からちょうど40年ですが、 仮免許運転は今の県総合運動公園までしかできていない東バイパスの往復でした。 白川渡橋はまだありませんした。 昭和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の合間に ~ 立田山

雨で綺麗になった緑葉が、グラデーションになって微風に そよいでいます。     天然クーラーもまさにいい感じです。      熊本近郊で例年一番早い開花のソメイヨシノがなぜか紅葉しています。           (写真は、ピクチャーエフェクトを絵画調HDRにしています。)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇西原の棚田

白糸の滝のそばにある小道からは、熊本平野が眺望できます。 棚田を下から見上げると、秋には曼珠沙華が青空に屹立するかのように 映えます。          (一枚目は拡大可) 金山川にかかる橋の上からも棚田が見えます。(野の藪地区) グリーンロードのおばあちゃん 水量溢れる白糸の滝 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間に ~ 立田山

16日、九州南部は平年より2日遅れで「梅雨明けしたとみられる」と 鹿児島地方気象台が発表しました。 九州北部の熊本も間近かですが、それにつられてお出かけです。 ところで、2012/1/8公開のブログ「トンボ池の四季~立田山」に、 久しぶりに定点撮影五回目の写真を追加しました。 春のしだれ桜で賑わったトンボ池は水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キスゲ IN 鞍岳

梅雨の合間の曇天日は、山好きな人達は待ちかねたように 登山口に車10台が集結です。 (キスゲは拡大できます) 頂上に着いた正午ごろは薄日も射し、頂上からの眺望は今日も360度です。 西南の急峻な崖の樹林にはヤマボウシが白く点在しています。 ツームシ山から見える鞍岳(男岳)と女岳   (パノラマ写真は拡大で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨のころ  ~ 南阿蘇(高森)

阿蘇南郷谷の田植えが始まったとのことで、 水面に写る逆さ阿蘇を求めて出かけました。 (一枚目拡大可)       曇天で霧に包まれた南郷谷は時たま明るくなりますが、 空は暗く水面への映り込みもイマイチです。 ヒーリングスポットの「高森殿の杉」には、先客のカメラマン2名です。 400年超の大杉は、雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間に  ~  アジサイ 

写真サークル月例会は、あじさいと菖蒲です。       住吉自然公園では、各自がテーマを求めて散策です。  私は、たはれ島(たばこ島)を遠景に花の撮影に挑戦しました。 轟泉自然公園では、 以前あった菖蒲園を今年の春に機械で掘り起こして整備中でした。 今年は花はまばらですが、来年からはまた綺麗な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小崎の棚田

フットパスのコースにもなっていて、「美里町のマチュピチュ」として 宇城地域で売出し中です。         (一枚目の写真はキャノン EOS6D) 代掻き・水張りが始まっています。 大日さんからは、棚田が同心円に見えます。      (上の写真はソニ-RX100で、一枚目と同じ構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

峰の棚田 そして滝

熊本に11ケ所ある棚田百選の一つです。 代掻き後の水張りと秋の収穫時は、さらに悠久の風景に 出合える時季です。      (一枚目拡大可)   軽トラックのご夫婦に声かけられました。 「水張りが始まったばかり。田植えは20日から。青い穂が綺麗なのは7/10  頃かな。」     6月中旬、7月上旬は夕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の日に ~ 石橋へ

熊本は「日本一の石橋の宝庫」と言われていますが、 その中でも緑川水系には多くがあります。      (一枚目拡大可)        豊富な水流と緑に包まれる眼鏡橋に行ってきました。     その御船川支流の八勢川(はせかわ)には「八勢眼鏡橋」が保存されています。 石畳みの道ともども昔の日向往還(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すいれん  ~  坪井川遊水公園

熊本の梅雨入りは、平年より3日早い6月2日です。 緑雨に煙る柳とマッチする花です。    (一枚目は少し拡大可)   小雨のためかまだ時季が早いのか分かりませんが、 池全体が全開とまでいかずとも、 個々のピンクや黄色のスイレンは幽玄に咲いていました。 (地元自治会の方々が、池の周囲は綺麗に除草され木々は伐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小満の日に  ~ 阿蘇西原

阿蘇地方で代掻きが始まっています。     晴れ曇りで視界不良のため、阿蘇谷などは諦めて南外輪山西麓に出かけました。     ウインドファーム、扇坂展望所、一ノ峰、白糸の滝、棚田の代掻き、鼻ぐり井手(菊陽町)です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more