マクロの世界

クリスマスローズが咲いたのでカメラで挑戦しました。
画像

①一眼レフの望遠ズームレンズ(フルサイズ換算150~450mm)
②一眼レフの標準ズームレンズ(24~70mm)
③コンパクトデジカメ(換算24~70mm)

なので焦点距離の一番大きい望遠ズーム①が花をより大きく撮影できると思い込んで・・・。
   (標準ズームにはマクロ機能、コンデジには花撮影モードがついていても・・・)
画像

結果は②標準ズーム ①望遠ズーム ③コンデジの順でした。
画像

それぞれの カメラ本体や レンズの特性(最短撮影距離、撮像素子の大きさ、最大撮影倍率)を
理解して いないためでした。

最大撮影倍率がそれぞれ②0.7  ①0.5 ③0.41 なので、倍率が大きいほど大きく
写りました。
マクロ機能を使用するだけで何か芸術的な写真になり、あたかも上手になったかのようです。

最大撮影倍率が1.0以上の本格的なマクロレンズや魚眼レンズを使うと
どのようになるのか夢が広がりますが、何せ高価(素人の趣味の限界?)。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック