烏帽子岳 / 対馬

釜山からは50km弱と博多からよりも近iいので、ハングル語が行きかう
国境の島だと実感させられます。

(洲藻白嶽と浅茅湾)
   数年前に九州百名山の一つ洲藻白嶽に登頂したことがありますが、
   今回の現地観光ガイドの案内で当島では標高5番目と知り、
   対馬の山の多さを認識させられました。

画像
画像

(韓国展望所からの釜山は当日は雲の彼方)
画像
画像


(烏帽子岳から見えるパノラマ)  :拡大可能です
   頂上までバス移動です。
画像

壱岐対馬国定公園の壱岐は女島、対馬は山が多いので男島といわれています。
   (経由した壱岐・芦辺港)
画像

万関の海峡は日露戦争に備えて日本海軍が掘った人工の海峡です。
画像

ツシマヤマネコは全国各所で分散して出産・飼育されていますが、
警戒心が強く食事の時以外は飼育員に近づくこともないようです。
画像


(日本三大墓所の一つに数えられる万松院)
  樹齢1400年の杉木立が何層にも重なる山城の中腹にあり、
  鬱蒼とした広い場所です。
画像
  
  秀吉の朝鮮出兵の際にも使われたその展望所が頂上にあります。
  

今回は、浅茅湾全体をを白く染めるヒトツバタコ(ナンジャモンジャ)には
残念ながら会えませんでした・・・。




補記

  「つしま」の由来は、津島(港のある島)、対馬(馬関=朝鮮に対する)など
  など諸説があると聞きました。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

nissie
2016年11月30日 16:08
対馬に行かれていたわけですね。その素晴らしい行動力に敬服いたします。

この記事へのトラックバック