築後川昇開橋

国鉄佐賀線(昭和10年~62年)の鉄道用可動式橋梁で、
廃線後は歩道橋として保存されています。
画像

しばらくは整備工事中でしたが、昨年5月から大川市側からは徒歩で歩くことができます。
日没後はライトアップされ上流の国道からもその幻想的な姿が見えます。
画像

有明海は干満の差が大きいので工事は困難を極めたそうですが、今は国の重文や機械遺産ににも
認定されています。

橋げたの一部が垂直に上下する昇開橋としては日本に現存する最古のものです。

撮影には12月~1月が最適と公園の案内板には書いてありましたが、2月末に訪れました。
幸いにも夕日が橋の付近に浮かんでくれました。
画像


                  (写真3枚は拡大できます)

この記事へのコメント

み~み~
2014年02月28日 22:31
素晴らしいです~いい写真が撮れましたね♬

この記事へのトラックバック