初めての獅子島

鹿児島最北端の島です。
室町時代に肥後から薩摩領になり、
天草と隣接する 「化石の島、甘夏の島、あおさの島」です。
天草の御所浦化石群に属し、対岸の田浦の甘夏にも負けず「紅」甘夏の普及にも頑張っています。


当日は鹿児島経済研究所からスタッフ3名および外部の専門家も、バスツアーに同行されました。
町おこしに取り組んでおられ、公民館のコーヒータイムでは地元の産物で絶大の歓迎を受けました。
最近は離島めぐりしていますが、古き良き日本がいっぱいです。

島一周の海岸には、いたるところで、あおさが養殖が行われています。
あおさは高級食材です。

ツアーのルートは、熊本市~出水市~長島町(諸浦島、獅子島)~天草市(新和町)~熊本市で、
フェリーの乗継です。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック