全国花火大会  IN  八代

昨年は小雨の中のツアーで、30万人の人出の中で至近距離の真上で花火を見ましたが、

今年は遠くからの撮影に挑戦しました。

風が弱く花火の煙が残る中で、FM放送を聞きながらの撮影です。

解説者が「散るのが早い花火がいい花火」と言っていましたが、残像が残らない花火のことでしょうか?

人間の目には直前の残像が残って花火がいくつも重なって見えますが、カメラはシャツターを押している間しか

映らず、長ければ白とびするし短ければさびしい映像になったりしています。

高低や幅も10号玉・5号玉・スターマインで異なり、プロらしき人は3台のカメラ持参です。
(私はやっと一台なのです)

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

























































この記事へのコメント

この記事へのトラックバック